ウェブメールで情報伝達を行う

メール

メールソフトとの違い

ウェブメールとメールソフトはよく誤解されやすいのですが、メールソフトは端末内で動くものに対し、ウェブメールはインターネット上で動いているものになります。

ウェブメールの利点

ウェブメールはパソコン本体が故障しても、メールが消えたり利用できなくなるといった心配がありません。インターネット上で管理されているため、不具合が起きても別端末ですぐに操作出来るのです。

スマートフォンでも利用可

ウェブメールの最大の特徴として、スマートフォンでも利用できるという部分があります。社内での連絡をスマートフォンでも確認することが出来るので情報伝達力に優れています。

IDとPWでセキュリティ保護

ウェブメールを使用する場合、IDとパスワードを設定する必要があります。そのため第三者が情報を盗もうとしてもセキュリティが高いので盗まれるリスクが大幅に減るのです。

ウェブメールの特徴まとめ

無料で使える

ウェブメールは無料で利用できるものが多いとされています。そのためコスト0で導入出来るので、コスト削減や予算を見直している企業にとっては役立つシステムなのです。

インターネットがあればどこでも

ウェブメールの特徴はインターネットを利用してメールの送受信をすることになります。インターネット環境があればパソコンやタブレット、スマートフォンなどの端末に依存せずに利用する事が出来るのです。

サービスが豊富

ウイルス検出機能や検索機能などウェブメールではいくつものサービスが提供されています。さらに、これらのサービスを無料で利用できるという特徴が魅力的と言えるでしょう。

メール容量が大きい

フリーで使えるウェブメールでは、メール容量が大きいものがあります。メール容量が大きいと、長い間利用しても不自由なく操作することが出来るので有り難いですね。

複数のアドレスが持てる

ウェブメールは複数のアドレスを持つことが出来ます。同じウェブメールで複数持つことも可能ですし、様々なアドレスで持つことも可能になっています。

メールソフトと組み合わせる

メールソフトはパソコン本体で動く仕組みになっているので、万が一不具合が起きても対処出来るようにウェブメールも利用しておくといいでしょう。2つを組み合わせて使うことで効率よく作業が行なえます。